CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


都内でアロマテラピーとクリスタルヒーリングのセッションを行っている、みずきのブログ。
HP→ https://chatoyancy.space/

※現在、遠隔ヒーリングメイン
基本文章長いので、ガッツリ読みたい方向け。

猫大好き&アニメ大好きです^^
☆今年の梅漬け、梅シロップの出来☆

JUGEMテーマ:梅仕事

 

こんばんは、みずきです。

 

8月に入りましたね@@ドヒャー

関東も梅雨明けしました◎

 

新コロの感染拡大も気になりますが

夏バテ、夏風邪、熱中症にも気を付けつつ、

自分の好きな事、出来る事を、

今の状況に合わせて、

楽しんで過ごしていきたいですね。

 

現在、Garden*Chatoyancyでは

遠隔ヒーリングセッションを行っております◎

詳細はこちら

 

さて。

今年も梅仕事したので、

味噌記事に続いて健忘録です。

 

昨年、友人からオススメされていた梅の通販のサイトを思い出したのは5月末の事。。。

人気のお店とあって、既に売り切れでした^^;(あはは)

 

そんな訳で今年も昨年同様!

 

スーパーで購入した青梅を使いました。

 

私が漬けるのは、『 梅漬け 』と『 梅シロップ(はちみつ使用) 』

 

因みに、『 梅漬け 』は、『 梅干し 』の梅を干してないバージョン。

 

私はシソも入れないので、ホントに梅と塩だけ。

 

かなり酸っぱいです。。。身体が震えるくらい。。。笑

 

でも、ご飯と食べると、ご飯に梅の香りが広がり甘く深い味になります♪^^

(書いてるだけで唾液でますね・笑)

 

以下、梅仕事まとめてみました☆

 

先に梅の下処理。

 

梅のヘタをとります。

私はこのヘタとり作業が好きなのですが

(楊枝で梅のくぼみをツンツンするとヘタがポロっととれる)

今年は家族に先を越されました・笑

 

ポロポロと簡単にとれるので、楽しいです^^

 

ヘタを取った後はザっと洗って、

あく抜きで数時間水にさらします。

(2〜6時間表記が多いです)

 

青梅は長めにさらしても大丈夫ですが、

もし黄色い完熟梅だったら不要。

 

茶色く変色してしまうと、

梅漬けや梅シロップを漬けてる最中に腐りやすいので

そこだけよく確認を。

 

スーパーで買うと青梅と黄色っぽい梅が

結構混ざってるので

(多分、収穫後、追熟されてばらつきが出ちゃう)

 

個人的には

 

・黄色っぽい子を梅漬け用

・青々している方をシロップ用

 

にしています。

 

青梅も常温で、腐らないように部屋に置いておくと、

勝手に黄色っぽくなるのですが(追熟)

本来の梅干し(梅漬け)は

完熟梅の方が美味しいようです◎

 

来年は試してみたいなぁ。。。^^

 

 

では、先に『 梅シロップ 』

※はちみつ.ver なので、1歳未満のお子さんにはNG。

 

【 材料 】

・冷凍梅 500g(南高梅)

・はちみつ 500g

梅:砂糖 = 1:1

 

・ウォッカ、スピリタス、梅酒を漬ける時のお酒など

 食品アルコール(度数高い方が良いです) 適量

 

・煮沸 or しっかり消毒できる瓶容器

 

シロップ用の梅は、冷凍します。(24時間程度冷凍)

 

冷凍前は、梅の水気はよく乾かした状態が良いです。

濡れていたら水気をしっかり拭きます。

 

冷凍すると、梅の組織が崩れやすく、

シロップの出来が早くなるので、

初めて挑戦したいかたにもオススメです◎

 

しっかり消毒した瓶容器に、

冷凍梅を食品アルコールで拭きながら

瓶に詰めていきます。

 

瓶に冷凍梅をなるべく隙間少なく詰めたら、

はちみつを上から注ぎます。

 

これで準備は完了です。

 

←初日・10日後→

 

あとは、1日1回、梅全体にはちみつがまわるように

瓶をゆ〜くり回します^^

 

梅にはちみつがコーティングされている状況だと、

腐りにくくなりますし、

梅のエキスがしっかり出てきます^^

 

冷凍梅で作る場合、

大体10日後には飲めます^^

(常温の梅で漬ける場合は2週間〜1カ月後くらいが目安です)

 

梅がしわしわになればエキスが出てる証拠なので、

しわしわになった梅は回収して、

はちみつ漬けなので

(ちょっと硬いですが)

そのまま梅肉を食べても美味しいです。

 

今年は6月頭に漬けたので、

2週間後には飲み始めました。

 

ちなみに、とっても美味しく出来ました〜^^

梅の爽やかな香りと酸味、はちみつの甘さが、

疲れた身体に沁みます◎

 

 

次は『 梅漬け 』

 

去年が初漬けだった、梅漬け。

 

『 梅シロップ 』『 梅酒 』は漬けるだけなので

気持ち楽なのですが、

 

梅干しは” 干し ”の作業が必ずあると思い、

個人的に、一気にハードルが上がっていた私。。。

 

し か し !

梅漬けは、漬けるだけ!(ここ重要w)

去年は重石代わりにペットボトル使ったりと

色々試行錯誤しましたが、

 

今年は重石なしバージョンを試してみて、大成功でした!ヤッター!

 

より気軽感が増したので、

 

昔ながらの、身体が震えるような梅漬けを食べたい方

来年是非お試し下さい^^(笑)

 

 

【 材料 】

・黄色い梅(傷なしを選ぶ) 500g (私は追熟で黄色くしました。南高梅。)

・粗塩 100g

※梅の重さの18〜20%で漬けると腐りにくいです。

※重石なしは約1坩焚次梅酢が上がったら瓶を毎日振れる場合に限ります。

 

・ウォッカ、スピリタス、梅酒を漬ける時のお酒など

 食品アルコール(度数高い方が良いです) 適量

 

・煮沸 or しっかり消毒できる瓶容器

※昨年はジップロックで漬けましたが、

 若干ビニール臭を感じたので、今年は瓶にて。

 

しっかり消毒した容器の一番下に塩を薄く敷き詰める

 

別ボウルに、黄色い梅を入れて

全体に食品アルコールをまぶす

 

まぶしたアルコールをキレイなペーパータオルで軽くふき取りながら

塩の上に梅を敷き詰め

 

塩 → 梅 → 塩 → 梅 。。。

 

と層になる様に敷き詰める

 

これで準備完了です^^

 

←初日・10日後・20日後→

 

数日経つと、梅酢がたっぷり出てくるので、

梅酢が梅全体にいきわたる様に、

1日1回、ゆっくりと瓶を振ります。

 

※瓶を振り梅酢を全体にいきわたらせることで

防腐効果があります。

あと重石を使っていないので、

梅全体が梅酢に使っている状態が望ましいです。

今年500gで作った際には

梅全体がほぼ浸かるくらい梅酢が上がっていました!

 

☆ 約1カ月にて完成 ☆

 

で、完成した梅がこちら!

 

※約30日後に食べてみました!

 

香りがとっても良くて、プラムの様な甘い香りがします^^

 

昨年は、この香りが袋に移ってしまって、

梅からの香りが減ってしまったのが残念でした TT

 

今年は、瓶なので、そこをクリア!

 

ただ、味は、食べると身体が震えます!!(酸っぱさと、しょっぱさと・笑)

 

でも香りが良いので、白いご飯のお友に最適です♪^^

 

疲れが吹っ飛ぶというか、正直目が覚めますね!@@ 笑

 

 

そんな感じで、今年の梅仕事は大成功でした^^

味噌も良い香りがしてきているので(まだ様子見で天地返しせず)

これから楽しみです。

 

それでは、また〜

posted by みずき(泉樹) | 23:55 | たべものの話 | - | - |
☆味噌みそ健忘録☆

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:手作り味噌

 

こんばんは、みずきです。

 

今日は、のっけから本題!(いつも脱線しちゃうので・笑)

先週仕込んだ味噌の話^^

 

先週、手作り味噌を仕込みました。

 

5年くらい前に、初めての手作り味噌体験をして、

その翌年も同じところで味噌を仕込みました。

 

その後仕事が変わったりで、その味噌づくり会に行けなくなってしまったので、

今回久々の味噌仕込みでした^^

 

しかも一人で準備は初。。。

 

ワイワイ作る楽しかった思い出を噛み締めつつ

一人黙々と豆を洗う。。。笑

 

。。。ショキショキ(←豆を洗う音)

 

さて、味噌仕込みに必要な材料はとってもシンプル!

 

・豆

・米麹

・天然塩

(・煮るときの水)

 

以上!

俄然作りたくなりますよね^^笑

 

今回私が準備したのは、セット商品ですが、『 黒豆 』を使用。

 

 

黒豆は前回作った時も、黒豆特有の甘い感じが好きで、

今回も黒豆チョイス!

 

味噌を仕込むとき、豆は12時間〜18時間以上、水につけておくと良いみたいです。

 

で、私は丸一日(24時間くらい?)つけました。

 

で、煮るときは、ガッツリ圧力鍋でガシガシ煮ました^^

 

我が家の圧力鍋、かなり年季が入ってるので、けっこうな勢いで噴きこぼれて(ひぇー!)

ひたすら布巾で拭いていたら、布巾はしっかり黒豆煮汁カラーに染まりました^^^^^(笑)

 

そういえば、以前は広いキッチンを借りて作らせて貰っていたので、

あまり気づきませんでしたが、けっこう噴きこぼれてたのを思い出しました@@

 

噴きこぼれが落ち着いたら、

米麹と天然塩を混ぜ混ぜする作業があります。

 

これはもう、決まった量の米麹と塩を混ぜるだけの簡単な作業。

 

でも、ここでしっかり混ぜないと、味が酸っぱくなるみたいです。。。

 

こればっかりは出来上がらないと分からないなぁって思いながら、

鍋の圧が下がるまで、しっかり混ぜ混ぜ。

 

 

圧力鍋が落ち着き、最大の難所?豆つぶしの時間です!!!

 

 

前回は大きい業務用ミルを使わせてもらっての作業だったので超絶楽でした^^

もう、『ガガガgaga!!!』って感じで、あっという間にミンチ豆ができました。

 

今回は自宅なので、小さい電動ミルサーの出番。これまた年季入ってる〜^^

でも、電動の力は強し!

ただひたすらミルサーし、かなりいい感じにミンチされました♪

 

 

ここまでくると、後半きたなぁ〜って感じがします。

 

 

このミンチされた黒豆さんと、さっき作った米麹塩を、混ぜ混ぜします。

 

この時、豆はアツアツだとNGです。麹菌にダメージなので。

 

少し煮汁を加えて

全体の柔らかさを調整します。

 

 

あんまり水が多いと腐りやすくなる原因となるので、水の度合いが難しですが、

 

豆、米麹、塩

 

3つ混ぜたものが

しっとりお団子型に出来たらOK。

 

ちなみに腐りやすくなるリスクはありますが、

水が多めだと、発酵が進んだ後、『みそたまり』という『味噌醤油』がゲットできます^^

でも、かなり少なめのお水でつくっても、上澄み液が上がってくるので、

出来た時はそっとご飯やお餅にかけてます^^

 

そんな感じで、ハンバーグこねるみたいに、空気を抜きなが、味噌をたらいに敷き詰めていきます。

 

ポイントは 

 

『 空気に触れると腐りやすい 』

 

なので、味噌をたらいに詰めるときふくろは、投げつけるように空気を抜きながら押し込んでいきます。

パズルのピースを埋めるみたいに端っこから攻めて、真ん中を埋めていきます^^

 

 

全部詰めたら、表面をならして、塩をまきます。多すぎるとしょっぱくなるので、

腐敗防止と思って全体にサラサラ―っと。。。(先週、雪が降ったので、雪の写真かと見間違えました・笑)

 

 

そして、私はさらに酒粕で蓋をします。

こうすると、腐敗しにくくなるうえに、

味噌味の酒粕も出来て、2度おいしいみたいになります^^(美味しい粕汁が作れます)

 

 

あとは、重石を乗せて、冷暗所へ。。。(我が家の1階w)

 

重石は、水晶とアメシストのサザレと、カーネリアンを袋に入れて乗っけてます(決まったメンツ・笑)

 

まさか、味噌の上に置かれるとは、石たちも思わなかっただろうなぁ。。。ありがとう。。。そして、ありがとう。。。

 

そんな感じで、成功すれば、大体冬には食べられます^^

 

一応、梅雨の時期に天地返しといって、

たらいの上と下での発酵ムラをなくす作業があります。

このタイミングでカビとかのチェックも出来ます。

 

因みに過去2回の仕込み時、一回目は天地返しして、

2回目は様子だけみて、順調だったので、そのまま天地返しせず。

 

どちらも美味しくできました^^

 

 

それ以外は、話しかけるくらいで(笑)

 

勝手に発酵してくれます^^有難すぎる味噌!

 

美味しさも、手前味噌ではありますが、ホント美味しい^^

 

 

ひとまず、梅雨時期の様子見が楽しみです♪

※料理写真撮る前後は、スマホ消毒→手洗い徹底してます※

posted by みずき(泉樹) | 19:07 | たべものの話 | - | - |