CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


都内でアロマテラピーとクリスタルヒーリングのセッションを行っている、みずきのブログ。
※現在、遠隔ヒーリングメイン
基本文章長いので、ガッツリ読みたい方向け。

猫大好き&アニメ大好きです^^にゃおん!
<< ☆遠隔・巡るヒーリングセッションのご案内☆ | TOP | ☆今年の梅漬け、梅シロップの出来☆ >>
☆生きていて欲しいと願うこと☆

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんばんは、みずきです。

 

久しぶりの日記です。

 

色々別の話題もあるのですが、

それはまた別の記事に。。。

 

さて、私は、『 生きてなんぼのこの世界 』

と、思っている一人です。

 

大切な人が、この世に生きていてくれるって、

それだけで幸せなことだと思います。

 

突然こんなこと書くのも。。。って思ったのですが、

先週、三浦さんの訃報を聞いて、衝撃を受けまして。。。

まずは、三浦さんのご冥福をお祈りいたします。

 

こんな風に日記に書くくらいなので、

凄いファンなのかと思われそうですが

大変恐縮ですが違います。

 

ただ、ここ最近ですと、

録画していた『 世界はほしいモノにあふれている 』を観ていたので

三浦さんとJUJUさんのやり取りに癒されてた事もあり、

なんというか、自然と馴染んでいた感覚だったので、

『 次も楽しみだな〜 』なんて気軽に思っていた自分に反して、

三浦さんご自身が自ら命を絶たれてしまった事が、とても悲しくて、切なくて。

 

赤の他人である私でも、こんなに衝撃を受けているのに、

命を絶つまで追い詰められていたご本人の苦しみは想像に余りますし、

身近な方たちは、どれだけ深く悲しみ、悔しい思いをされているだろうと。。。

 

私達人間が、大切な人に思う事って、

 

『 生きていて欲しい 』

 

シンプルにそれが根底にあると思うのです。

 

元気であったり、幸せであったり、

そういった想いも付随することはあると思うのですが、

生きるか死ぬかの時になったら、

ただ命が無事でいてくれたら、そう願うかと思います。

 

だからと言って、どんなに周りが願っても、

その人の命の運命はその人と大きな流れに託されています。

 

なので、万が一、自分が命を絶つ衝動に駆られそうになった時、

何が何でも生き抜くという感覚を、

呼び起こせるようにしておくことも、

大切なのではと思っています。

 

昨年だけでも、年間約2万人の方が自ら命を絶ってしまっているそうです。。。

 

理由は様々かと思うので、

簡単に一括りには出来ませんが、

 

単純に考えると2万人以上もの周りの方も、

そのやるせない思いを感じているのかと思うと

それもまた切なく。。。

 

元気な時には想像もつかない事だとは思うのですが、

死への衝動は人それぞれで、

自分がその衝動へと突き動かされそうになった時に、

自分だけが出来るストッパーみたいな感覚は、

持っておくと良いのかな。。。って思います。

 

そしてどんなに願っても、

肉体は死への方向に向かって生きています。。。

 

死んだからと言って、ハイ終わり!の世界ではないですが、

この世界(時代)で、この肉体、家族構成で生まれてくるのは、

やはり、今生きるこの肉体のみでの体験になります。

 

社会という枠組みがある以上、

そのしがらみは、必ず付きまとうものですが、

それでも、命の価値は、

全ての人に与えられた平等なものだと思うのです。

 

この世に生を受けたことが、

 

『 ただ生きていてよい 』

 

ということ。

 

日常の中で、自分の命に対して、

生きるか死ぬかを頻繁に感じたり、考えたりする時は、

自分を積極的に休ませた方がよい時かと思います。

 

どこへいっても、何をしてても

自分自身の命の輝きの価値は変わりませんし、

他の誰が何と言おうと

その命の輝きが変わることはないという事を、

頭で考える言葉としてではなく、

自分の命への感覚として持っておくと、

少しでも生へ感覚が変わってくるのではと思います。

 

『 生きていて欲しいと願うこと 』

は、周りの勝手な想いでしかないのですが、

 

それでも、大切な人なら尚の事、

生きていて欲しいと願いますし、

苦しんでいるなら助けたいと、

当たり前ですが皆思うと思うのです。

 

自分を追い詰めてしまって、

生きるのが苦しくなってしまった方は

どうにかその状況から、

生きて逃げ切って欲しいです。

 

生きながら、生き直すことは

いくらでもできます。

 

死を選んでしまうような深い苦しみを知るならば

生きている深い喜びもまた、必ず感じる事ができますので◎

posted by みずき(泉樹) | 23:00 | 日常 | - | - |