CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


都内でアロマテラピーとクリスタルヒーリングのセッションを行っている、みずきのブログ。
HP→ https://chatoyancy.space/

※現在、遠隔ヒーリングメイン
基本文章長いので、ガッツリ読みたい方向け。

猫大好き&アニメ大好きです^^
<< ☆終戦記念日に思う事☆ | TOP | ☆お試し・遠隔ヒーリング 8月☆ >>
☆恨めしや〜は時が止まる?☆

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

こんばんは、みずきです。

※写真は頂き物の金魚型のティーパック!

可愛すぎます〜^^お茶も美味しいかったです♪


一つ前に、終戦記念日に思う事を書きました。

日本は、それなりに平和な方なので、

(突然日常の中で銃で撃たれるとか命狙われる可能性は低いと思うので。。。)

その平和の大切さをしみじみ思います。。。

 

とはいえ、大きな視点だと、

平和を願ったりなんだりし易いのですが、

これが、ものすごい身近であればあるほど、

人は、個人的な感情が勝るので、

客観視しづらくなります。

 

今回は、そんな話です。

 

数日前から書き始めて、中々まとまり切らず。。。

しかも長いw

お時間ある方どうぞ〜^^

 

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

現在、Garden*Chatoyancyでは

遠隔ヒーリングセッションを行っております◎

詳細はこちら

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。

 

-----------------------------------------

 

今年は、お化け屋敷の新しい在り方で、

車中お化け屋敷ってテレビでやってました@@

 

個人的にお化け屋敷が苦手なので、

あっても、なくてもどっちでも大丈夫ですが。。。笑

 

そのお仕事の方が、

演じられることに喜びを感じると言っていたのを聞いて、

演じたい方が演じて、それを体験したい方が体験できるなら、

それは良い体験ができるよね〜。と思い、

苦手な私は、行かないで良いんだな!って素直に思えました。。。笑

 

 

さて、タイトルの恨めしや〜

 

実際、恨めしや〜って出てくる理由も、

そこに念が残っていて、出てくるのかと思います。。。

 

で、出来れば、その念をどうにかしたいから現れる。。。

 

これは、生きているうちも同じだなって。

最近思うことがありました。

※正直、生きているうちに解消した方が楽かもと思いました。。。

 

先日エネルギーワークを受けた時に、

出てきた感情で、

自分でも心底驚いたのですが。。。

 

ワークの少し前から、

高校生くらいの時に強烈に感じていた父に対する負の感情が出てきて。。。

 

高校生?!って何十年前よ?!笑

ってなりつつも、

その鮮明な感覚に、とても苦しい思いをしました。

 

実は、そのワークの数日前に、たまたま自身の高校の近くを通る機会があって、

色んな過去があるから、今に繋がっているんだよなぁ〜ってぼんやり思ったりしていました。

 

因みに、この父への負の感情は、

過去に自分で何度も乗り越えようとしましたし、

正直、乗り越えたとさえ思っていました。

 

 

それでは、『 乗り越えていない時 』と、

『 乗り越えられた時 』の違いは何でしょう?

って思ったときに、

 

 

『 相手の今現在を、過去のフィルター無しにみれているかどうか 』も、

一つの目安、鍵になると思いました。

 

 

その人(相手)の過去(事実)は変わり様が無いのですが、

だからといって、自分が、その過去の状態の相手を見続ける必要は無く。。。

 

 

『 自分が変わり続ける様に、相手も変わり続けているという事。 』

 

 

でも、あまりにも、その時受けた悲しみが深かったり、憎しみが強いと、

過去の映像(事象)がちらつき、

その場に留まり続けてしまいます。

 

その時の意識(フィルター)のまま、相手を見てしまう。

その時のまま、止まってしまう。

 

それはつまり、

自分自身も、その過去へ常に縛り付けてしまうということです。

 

先ほど、

『 乗り越えたとさえ思っていました 』と表現しましたが、

つまり、それに付随する多くの感情を消化出来ていても、

根底に引っかかる感情が残っていると、

ちょこちょこと、その感情が顔を出すわけです。

で、ちょこちょこだから煩わしいのですが、

煩わしいけど、無視できちゃう類の感情です。

 

私の場合は、当時の父の態度が、

どうしても現在にも繋がってしまって、

時々、ただ声がするだけでも非常に不快でした。

でも、不快度合いって人それぞれで、そういうものかな?

って思ったりします。

 

でも、根底にその過去フィルターがあることで、

その時へ感情が引っ張られてしまいます。

なので、その感情は常に更新されて新鮮。。。(そんな新鮮さいらないのですが・笑)

 

そして、常に更新される感情とは裏腹に、

その感情がある場所は過去なので、

常に、その時へと止まってしまうのです。

 

仮に、相手を恨んでいたとして、

相手に危害を加えないのなら、それでよいのでは?

って思う人もいるかもしれませんが、

上に書いたように、

自分がその過去に縛り付けられてしまいます。

 

相手うんぬんではなく、

自分の方へのダメージが大きい。

 

やはり、そういった感情は解消した方が、

自分自身が、軽くなります。

 

これは、恨み系の話でなくても。

後悔の感情も、それに似ていると思います。

自分が〇〇していたら、結果変わったのではないか、とか。。。

(もっというと、過去に縛られるという点では、強い喜びとかも性質は同じでもあります。)

 

で、どんな事象であれ、

物凄く苦しいと思う人もいれば、

結構あっさり、

受け入れられちゃう人もいます。

 

上記のどっちが良い悪いは無くて、

 

『 自分がどう感じたか? 』だけは、

 

偽りなく、感じたままを、まずは認める。

 

で、その後が大事で。

 

その自分の感情を知ったうえで、

自分なりの形で、自分と相手の双方を想って

受け入れられると、

時が流れ出すように思います。

 

受け入れるって、

その事象を好きになるとかではなくて、

自分がその事象含めた相手を恨まなくていい様な、

感情の在り方をみつける。

 

それは、自分が恨んでしまうような感情の正体を知って、

では、その感情になる理由は何なのかを、

丁寧に見ていく。

周りの良い悪いの感覚ではなく、

自分自身がどう感じて、どうしたかったのか。。。

 

で、まぁ、恨むくらいなので、恨みを晴らす!

って発想も出てくると思うのですが、

『 恨みを晴らす! 』と言って、相手と同じ行動をしたら、

結局、負の連鎖なので、それはそれでどうなの?って話にも繋がります。

 

で、その辺まで意識がいく方は、

 

私は恨み晴らして幸せだけど、(その時は)

相手は不幸になる。。。?

これって本当に自分も幸せ?

 

ってところまで、冷静になれると思うのです。

 

ここまで来て、自然と受け入れまで進める事もあります。

 

が、ここで分かれ道というか、

根底に納得していない感情が残っていると、

 

自分ばかりが我慢しているような感じになり、

その気持ちが再燃して苦しくなります。(←過去に引っ張られてます)

 

なので、冷静レベルまで来ても、

しっかりその事を見て感じて、

癒していくことが大切です。

 

癒す方法は色々あるので、

癒せれば、どれでも良いのですが、

癒される時って、自分の視点(観念)が完全に変化するときだと思うので

やはり、客観的に見れる、

中立的な人からのアドバイスは役立ちます。

 

他の価値観に触れる事も大切ですが、

逆に混乱することもあります。

 

既存の価値観へ自分を合わせるのではなく、

冷静な解決へ向かう中立的な言葉から、

自分なりの答えを導き出します。

直ぐに解決できなくても、

必ず解決の糸口になると思います。

 

 

そうして、癒し終わると、

あまりに長い時間そうだった場合、

また、その感情(恨み)を感じたらどうしよう。。。

と、ふいに不安がよぎる事もあると思うのですが、

 

『 あ、大丈夫。またなっても、自分で癒せるわぁ。 』

と、気軽に思えたら(気軽さも大事です)

しっかり向き合えた(乗り越えた)合図の様にも思います。

 

神経質さや過度の深刻さが無くなることは、

癒されている指標にもなります。(気にならなくなるって事なので)

 

そんな感じで、どんなに古い感情でも、

それが出てきたら、

それを丁寧に見ながら向き合うと、

癒していけます。

 

私の場合は、エネルギーワークが好きなので、

こういった感情に関して、

結構活用していきます。

とても古い、

過去のもうどうにも出来なそうな感情へも

しっかり働きかける事が出来ます。

 

人の感情は、結局のところ、その人にしか理解できない事です。

どんなに周りが理解を示していても、

その苦しみと直接向き合うことが出来るのは本人だけで。。。

 

それでも、周りは、その苦しみを軽くしたり、

その苦しみからの解放を手伝うことは出来ます。

 

皆、当然のことながら

不幸を背負いたくて生きているわけではないのですが、

生きている中では、どうしても、その中身を深めるために、

その人それぞれに、色んな体験をしていきます。

 

皆それぞれが、色んな体験をしながら、

少しずつ、その経験を深める(乗り越えていく)事で、

世界全体の幸せを作り上げていく経験をするのかなって思います。。。

 

二元性の世界なので、

自分の好きな体験、嫌いな体験両方をするのですが、

その両方を知った上での、

自分も周りも幸せになれる世界に近づけるイメージでしょうか。。。

 

。。。恨めしい話が、ずいぶん遠くまできちゃいましたが。。。笑

 

まとめますと、

 

恨めしい感情は、過去のその場へ常に視点を戻してしまい、

現実(今現在)を見る事を妨げるので、

もし、見つけたら、その感情とちゃんと向き合って、認めて。

さらに癒していくと、その縛りから解放され、

現在の流れに戻れますよってお話でした◎

 

 

今回の記事の鍵となった、

エネルギーワークの私の感想は、

Crystal☆Stream、kinoさんのブログに、

載せて頂いたので、

もし、エネルギーの方にご興味ある方は参考まで^^

『 調和、希望、復活。。。etc 』といったキーワードもあるエネルギー。

その時に必要な視点を与えてもらえる感じがします。

 

 

それでは、また。

posted by みずき(泉樹) | 20:29 | ワークの感想 | - | - |